大阪大学微生物病研究所の岡部勝特任研究員(2013年3月まで教授)らは、miR-200b、miR-429を持たない雌マウスで排卵が無くなり、不妊になることを発見した。2013年6月13日にScience誌オンライン版で発表した。筆頭著者は阪大微生物病研究所の蓮輪英毅助教。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)