味の素が事業化している甘味料アドバンテームの日本における実用化が近づいてきた。内閣府食品安全委員会は2013年5月28日、アドバンテームに係る食品健康影響評価に関する審議結果(案)についての意見・情報の募集(パブリックコメント)を開始した。締め切りは6月26日17時。アドバンテームは、味の素の甘味料事業の主力製品であるアスパルテームに比べ甘さの強さ(甘味度)が200倍、砂糖に比べると数万倍という超高甘味度甘味料。2011年に米国で商品化したのを皮切りに、ブラジル、フィリピンなどで予定通りに事業化を拡大している。日本での事業化は2014年度を見込んでいる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)