第7回日本エピジェネティクス研究会年会は、九州大学大学院医学研究院応用幹細胞医科学部門の中島欽一部門長/教授が年会長を務めて2013年5月30日から31日に奈良市で開催され、325人が参加した。この年会の会期に合わせて幹事会と総会が開かれ、代表幹事は、九州大学生体防御医学研究所の佐々木裕之所長/ゲノム機能制御学部門エピゲノム制御学分野教授に代わり、副代表幹事だった国立がん研究センター研究所の牛島俊和上席副所長/エピゲノム解析分野長が着任した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)