英国、中国などの研究者から成るGlobal Health Epidemiology Reference Group(GHERG)のメンバーであるオーストラリアMelbourne大学のKit Yee Chan氏らは、中国の1990年と2000年、2010年の認知症とアルツハイマー病の有病率を調べて、患者数が急増していることを明らかにした。詳細はLancet誌2013年6月8日号に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)