毎週金曜日に「日経バイオテク/機能性食品メール」をお届けしております日経
バイオテクONLINEアカデミック版編集長の河田孝雄です。

 昨日(5月30日)から、奈良県新公会堂で開催の第7回にエピジェネティクス研究
会年会を取材しております。食事を含む生活習慣や環境とも関係が深い注目の研究
領域です。まずは1つ、記事を掲載しました。

第7回エピジェネティクス研究会年会が奈良で開幕、
4月に九大に異動した中島欽一教授が年会長
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130530/168664/?ST=ffood

 会期は今日までです。追って報道して参りますので、随時ご覧いただければと思
います。

 先週金曜日(5月24日)から3日間、名古屋市で開催された第67回日本栄養・食糧
学会大会は、ここ1週間で10本近く記事にまとめました。後ほど記事リストを掲載
しますが、そのうちの1つは、日本栄養・食糧学会の学会マークが制定され、公募
で選ばれた作品のデザイナーは、東京大学大学院博士課程の学生という記事です。

日本栄養・食糧学会が学会マークを制定、東大院D2の高橋祥子氏の作品
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130527/168584/?ST=ffood

 今週もう1つ、昭和大学の薬学部生がラベルをデザインした天然水が発売された
ことも少し記事にまとめました。

昭和大の子会社がバナジウム含む天然水を発売、薬学部生がラベルをデザイン
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130529/168640/?ST=ffood

 学術活動だけでなく活躍に注目していきたいと思います。

 日本栄養・食糧学会の関連記事はここ数カ月で30本近く掲載しています。全文
をどなたにでもご覧いただけるメール原稿も含めて、以下にリストを載せます。
ご覧いただけると幸いです。

ファーマフーズと日大松戸歯学部、歯周病原性細菌バイオフィルム
鶏卵抗体の作用をヒトで検証
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130530/168669/?ST=ffood

森下仁丹のザクロエキス、川崎医療福祉大が抗アレルギー、
城西大が抗糖化を学会発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130528/168614/?ST=ffood

東洋新薬、「葛の花エキス」に“溜まった脂肪を分解する作用”を確認 
ダイエット素材の新しい切り札に
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20130528/168611/

森乳と東京医療保健大など、ビフィズス菌B-3のメタボ対策機能をヒトで確認、
腸管バリア機能の低下を抑制
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130527/168586/?ST=ffood

日本栄養・食糧学会が学会マークを制定、東大院D2の高橋祥子氏の作品
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130527/168584/?ST=ffood

サンスターと金沢大、酵素処理ハトムギエキス配合飲料が肌を改善、
栄養・食糧学会で発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130527/168566/?ST=ffood

ネスレとお茶大など、コーヒーポリフェノールは肌のシミ対策に有用、
2年半後のフォロー調査でも確認
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130527/168565/?ST=ffood

キリン、オルニチンの併用で覚醒やストレス軽減などカフェインの作用を増強
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130526/168559/?ST=ffood

森永製菓、コラーゲン合成の促進にコラーゲンペプチド、
老化モデル動物で確認
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130526/168558/?ST=ffood

【機能性食品 Vol.94】栄養・食糧学会が名古屋で開幕、
日健栄協が機能性評価事業
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130525/168556/?ST=ffood

第67回日本栄養・食糧学会大会が名大で開幕、故鈴木正成氏の業績展示も、
第68回は札幌で開催
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130524/168553/?ST=ffood

サントリー、中性脂肪対策トクホ「ペプシスペシャル」に
ミント味とレモンミント味
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130522/168489/?ST=ffood

産総研と日清製粉G、アルキルレゾルシノールが食餌性の
行動リズム夜型化を改善、栄養・食糧学会で発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130521/168416/?ST=ffood

【機能性食品 Vol.93】JST理事長説明会でアラビノース、
コク味調味料の新製品続々
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130521/168414/?ST=ffood

2013年度に売上高過去最高予想の不二製油、2013年4月発売の
USS製法素材は年1500tが成約済みで年内に生産能力2倍へ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130514/168181/?ST=ffood

サントリーウエルネス、50種から選んだ魚肉由来イミダゾールペプチド配合の
「ロコモア」を6月発売
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130514/168179/?ST=ffood

香川大と松谷化学、D-プシコース抗肥満作用の機序解明第1報を発表、
ペアフィーディングでも作用確認
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130513/168101/?ST=ffood

高インパクトジャーナル発表がテーマ、
米化学会協賛で5月25日に栄養・食糧学会が集会
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130511/167956/?ST=ffood

【機能性食品 Vol.92】東京オリンピック決定10日後に
2021年国際学会の開催地決定
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130511/167957/?ST=ffood

栄養・食糧学会が第67回大会のトピックス発表、21演題にゴマ2、大豆2、
企業単独は花王コーヒー
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130510/167954/?ST=ffood

栄養・食糧学会の一般演題は企業関連が3割超、
発表数の多い企業トップ3は江崎グリコ、森永製菓、亀田製菓
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130502/167778/?ST=ffood

森永製菓と新潟工科大学、パッションフルーツ種子エキスの成果を
栄養・食糧学会で5演題連続発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130430/167715/?ST=ffood

栄養・食糧学会賞に河田照雄教授と佐藤隆一郎教授、鳥居邦夫代表取締役、
5月24日に受賞講演
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130430/167709/?ST=ffood

名大院の内田浩二教授らとカゴメ、東工大、キャベツとタマネギ、
ニンニクのTLRシグナル伝達阻害成分を同定
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130423/167586/?ST=ffood

日経バイオテク4月22日号「特集」、来年90周年の日本農芸化学会
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130423/167582/?ST=ffood

【機能性食品 Vol.86】クールジャパンと日本食、TPP、Sexy Job
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130324/166987/?ST=ffood

神戸学院大と小倉屋柳本、蒸し発芽大豆はDNA合成酵素阻害活性が強い、
兵庫県COEの成果を農芸化学会で発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130308/166713/?ST=ffood

【機能性食品 Vol.82】新発見「療法食」は外資9割、
規制改革会議で機能性表示制度を取り上げる
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130222/166400/?ST=ffood

ファンケルが発芽玄米成分サプリメントを3月発売、TNFαを抑制するPSGを配合
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130221/166375/?ST=ffood

富士フイルムと医科歯科大、サラシアでナイーブ細胞増加、
5月の栄養・食糧学会で発表へ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130207/166047/?ST=ffood

【機能性食品 Vol.78】戦略的食品バイオ研究開発拠点、ポリアミン学会
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130125/165739/?ST=ffood

乳酸菌飲料が記憶力と集中力を改善、カルピスと中部大がハワイのISNFFで発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20121211/165008/?ST=ffood

 最後に、日経バイオテクONLINE機能性食品版の記事全文をお読みいただける有料
情報サービスについて説明させていだきます。

 月1000円(クレジット決済)で、月間100本まで記事をご覧いただけるというサー
ビスです。報道記事数は月間100本未満のことが多いのですが、アーカイブに格納し
ている10年以上前からの2000本以上の報道記事も、キーワード検索などで、ご覧い
ただけます。

 まずは、日経バイオテクONLINE機能性食品版のサイトにアクセスしてください。
→ https://bio.nikkeibp.co.jp/ffood/

 詳しくは、次のリンク先をご覧ください。
日経バイオテクONLINE機能性食品版について
→ http://nbt.nikkeibp.co.jp/bio/food/
日経バイオテクONLINE機能性食品版のご利用ガイド
→ https://bio.nikkeibp.co.jp/ffood/help/use.html

 このサイトでは、各記事の第1パラグラフまではどなたにでもご覧になれますが、
第2パラグラフ以降も含む記事全文を読むには、有料会員になっていただく必要があ
ります。日経バイオテクONLINE機能性食品版では、会費月額1000円(クレジットカ
ード決済のみ)の会員になると月100ポイント分まで記事全文を読めます。記事は、
ポイント1の記事と、ポイント0の記事がありますので、月間のご覧いただける本数
は100本以上です。アーカイブの記事もご覧いただけます。

※支払に関する詳しいご案内はこちらをご参照ください。
→ http://nbt.nikkeibp.co.jp/bio/food/info.html

 なお、この日経バイオテクONLINE機能性食品版では、機能性食品と関連しない記
事については記事全文をご覧になれません。日経バイオテクONLINEの記事全てをお
読みいただくには、日経バイオテクONLINEの会員への申し込みが必要になります。

           日経BP社 医療局 先進技術情報部
           日経バイオテクONLINEアカデミック版編集長 河田孝雄