2013年6月7日、「科学技術イノベーション総合戦略」が閣議決定された。2030年に日本の経済力が世界トップレベルであり続けるため、また国民が豊かさと安心・安全を実感できる社会を実現し、国際的に孤立しないために科学技術イノベーションが取り組むべき課題として、(1)クリーンで経済的なエネルギーシステムの実現(2)健康長寿社会の実現(3)次世代インフラ整備(4)地域資源を強みとした地域再生(5)東日本大震災からの早期の復興再生、を挙げている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)