キャンバスの株価が急騰した。終値ベースで2013年4月17日の643円が4月25日には2540円となり、わずか1週間で約4倍に上昇した。理由は、4月17日の取引終了後に発表された開発品CBP501の非小細胞肺がんを対象としたフェーズIIの速報結果だ。主要評価項目の無増悪生存期間では統計的な有意差が得られなかったが、特定の患者集団では全生存期間で顕著な効果が示唆されたと発表した。投資家は発表の後半部を評価したようだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)