米国では2014年9月から、製薬・医療機器企業から医師への全ての支払いに関する記録がウェブ上で公開される。「Physician Payment Sunshine Act」に基づくものである。この法律は2010年3月に承認、2013年2月に規定が発表された。8月から年末までが最初の報告期間で、その情報が2014年3月9月までに公開される。報告しなかった場合、企業は1つの支払いにつき15万ドル、状況により1年に100万ドルの罰金が科せられる。支払いの内容は講演、アドバイザーとしての助言、旅費、食費など幅広い。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)