米Massachusetts州立大学(UMass)Amherst校は2013年5月28日、化学工学が専門の研究チームが、プラスチックの重要構成成分であるパラキシレンをリグノセルロース系バイオマスからこれまでで最大となる90%超の収率で生産できる新しい化学プロセスを開発したと発表した(関連記事)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)