米University of Texas MD Anderson Cancer CenterのDenis Leonardo Fontes Jardim氏は2013年6月1日、米臨床腫瘍学会(ASCO)年次集会で、抗がん剤のフェーズIでの用量設定が、後期臨床試験での副作用のプロファイルをどの程度予測しているかについての分析結果を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)