米Boston University医学部の研究チームは2013年5月30日、ヒトの赤血球と血漿をin vitroで無限に作製する新たなアプローチを開発したと発表した。Boston University公衆衛生学部(BUSPH)とBoston University医療センター(BMC)による研究チームは、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を、通常は献血で賄われているこれらの細胞に分化させた。この成果は、輸血が必要な患者の治療のために献血する必要性を低減させ、鎌状赤血球病など様々な疾患の新しい治療標的の研究に貢献する可能性がある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)