米Fulcrum Bioenergy社は2013年5月28日、都市固形廃棄物(MSW:municipal solid waste)、すなわち家庭ごみをジェット燃料やディーゼル燃料に変換する完全統合プロセスの実証に成功したと発表した。Fulcrum社はまた、低コスト・低炭素のジェット燃料を生産するフルスケールのプラントを設計するための助成金を米国防総省(DoD:Department of Defense)から受け取ることになったと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)