テバ製薬は、5月31日、遺伝子組換えヒト顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)製剤フィルグラスチム(製品名:フィルグラスチムBS注75μg・150μg・300μgシリンジ「テバ」)が薬価収載され、販売開始したと発表した。同日、日本化薬、持田製薬、富士製薬も発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)