こんにちは。毎月第1金曜日と第3金曜日、第5金曜日の日経バイオテクONLINEメールの編集部原稿を担当しております日経バイオテクONLINEアカデミック版編集長の河田孝雄です。

 今日は昨日に引き続き、第7回日本エピジェネティクス研究会年会を取材しております。会場の奈良県新公会堂は、奈良公園の中にあるようで、付近に鹿が大勢います。奈良には5回ぐらいは来てますが、こんなに多くの鹿を見たのは、初めての ような気がします。地図で確認すると、正倉院から春日大社、興福寺などが奈良公園のそれぞれ端近くにあるのですが、県新公会堂は、その中央部に近いところにあります。

 エピジェネティクス研究会の開幕の記事はまず昨日、日経バイオテクONLINEにて報道しました。メイン会場の能楽ホールでは、発表者の方々は靴を脱いで発表なさっています。学会の取材はする機会が多いのですが、能楽ホールでの発表は今回が 初めてです。

第7回エピジェネティクス研究会年会が奈良で開幕、4月に九大に異動した中島欽一教授が年会長
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130530/168664/

 年会長をおつとめの中島欽一さんは会長を引き受けたときは奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)の教授でしたが、この4月から九州大学大学院医学研究科の教授に就任なさいました。事務局をおつとめの波平昌一さんも、この4月にNAISTから、産業技術総合研究所(AIST)脳遺伝子研究グループの主任研究員に就任なさいました。

 エピジェネティクス研究会は、何回か取材しておりますが、今回に限らず、著名な研究者が異動なさったり、新しいプロジェクトを率いたり、動きが激しいように思います。発展が目覚ましい研究分野を反映しているのではないでしょうか。

 このような異動の中で、年会の準備はさぞかし大変だったと思いを馳せますが、能楽ホールや鹿など、記憶に残る学会年会ではと思います。

 次の話題は、デパートのイベントです。テレビ各局でも報道されていますが、東京・新宿で開かれている第6回「大学は美味しい!!」フェアの会場を、一昨日に取材しまして、少し記事にまとめました。

第6回「大学は美味しい!!」フェアが開幕、玉川大のLEDレタスは昼で売り切れ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130529/168638/

北里大の感染制御研究機構、石割桜酵母使用のビールを「大学は美味しい!!」で販売
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130529/168639/

 教員や学生の方々がデパートの特設会場で活躍していて、たいへんな活気です。会期は来週火曜日(6月4日)までですので、東京近辺の方々などは、新宿高島屋の会場を覗いてみてはいかがでしょうか。

 それから今週は、大学や大学院の学生がデザインでも活躍している記事も2つ、まとめました。

日本栄養・食糧学会が学会マークを制定、東大院D2の高橋祥子氏の作品
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130527/168584/

昭和大の子会社がバナジウム含む天然水を発売、薬学部生がラベルをデザイン
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130529/168640/

 そしてもう1つ、産学連携の話題を。先週のことになりますが、名古屋大学などで開催された第67回日本栄養・食糧学会大会では、産学の連名の研究発表がたくさんありました。産学連携関連では現在のところ、以下のような記事をまとめてます。

ファーマフーズと日大松戸歯学部、歯周病原性細菌バイオフィルム鶏卵抗体の作用をヒトで検証
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130530/168669/

森下仁丹のザクロエキス、川崎医療福祉大が抗アレルギー、城西大が抗糖化を学会発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130528/168614/

森乳と東京医療保健大など、ビフィズス菌B-3のメタボ対策機能をヒトで確認、腸管バリア機能の低下を抑制
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130527/168586/

サンスターと金沢大、酵素処理ハトムギエキス配合飲料が肌を改善、栄養・食糧学会で発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130527/168566/

ネスレとお茶大など、コーヒーポリフェノールは肌のシミ対策に有用、2年半後のフォロー調査でも確認
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130527/168565/

第67回日本栄養・食糧学会大会が名大で開幕、故鈴木正成氏の業績展示も、第68回は札幌で開催
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130524/168553/

サントリー、中性脂肪対策トクホ「ペプシスペシャル」にミント味とレモンミント味
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130522/168489/

産総研と日清製粉G、アルキルレゾルシノールが食餌性の行動リズム夜型化を改善、栄養・食糧学会で発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130521/168416/

香川大と松谷化学、D-プシコース抗肥満作用の機序解明第1報を発表、ペアフィーディングでも作用確認
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130513/168101/

高インパクトジャーナル発表がテーマ、米化学会協賛で5月25日に栄養・食糧学会が集会
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130511/167956/

栄養・食糧学会が第67回大会のトピックス発表、21演題にゴマ2、大豆2、企業単独は花王コーヒー
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130510/167954/

栄養・食糧学会の一般演題は企業関連が3割超、発表数の多い企業トップ3は江崎グリコ、森永製菓、亀田製菓
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130502/167778/

 6月末に横浜で開催される第13回日本抗加齢医学会総会でも、産学連携の成果がたくさん発表されます。2つ記事まとめました。ご参考までに記事リストは以下の通りです。

第13回日本抗加齢医学会でシソ、アスパラガス、ハトムギ、碁石茶、紫サツマイモなど、会長特別企画で発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130529/168620/

抗加齢医学会が緊急企画、金澤一郎氏が「『健康食品』の機能性-科学的評価と表示の在り方-」を6月28日に講演
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130529/168621/

 メール原稿の締め切り時間になりましたので、今回はこの辺りで失礼します。

           日経BP社 医療局 先進技術情報部
           日経バイオテクONLINEアカデミック版編集長 河田孝雄

※※みなさまからのご意見、ご批判をお待ちしております。
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_pass4/index.html