英GlaxoSmithKline(GSK)社は2013年5月29日、米食品医薬品局(FDA)が同社の「Tafinlar」(一般名:dabrafenib)と「Mekinist」(一般名:trametinib)を承認したと発表した。Tafinlarは、BRAF V600E変異を持つ切除不能または転移性メラノーマの成人患者の経口投与の単剤治療として用いる。TafinlarはBRAF野生型メラノーマには適応しない。一方、MekinistはBRAF V600EまたはV600Kの変異を持つ切除不要または転移性メラノーマの成人患者の経口投与の単剤治療として用いる。MekinistはBRAF阻害薬による治療経験がある患者には適応しない。これらの遺伝子変異は、フランスbioMerieux社のコンパニオン診断アッセイ「THxID-BRAF」などのFDA承認を受けたテストで検出されなければならない。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)