日本エピジェネティクス研究会(代表幹事:佐々木裕之・九州大学生体防御医学研究所長/教授)の第7回年会が2013年5月30日、奈良県新公会堂(奈良市)で開幕した。年会長を務める九州大学大学院医学研究院応用幹細胞医科学部門の中島欽一教授はこの年会のタイトルを「エピジェネティクス-抵抗と適応の戦略-」に定めた。中島教授は2013年4月に奈良先端科学技術大学(NAIST)バイオサイエンス研究科分子神経分化制御学講座の教授から九大に異動した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)