横浜市で開かれる第13回日本抗加齢医学会総会で2013年6月29日16時から、会長特別企画3「ふるさとアンチエイジング」が開催される。会長を務める順天堂大学大学院医学研究科泌尿器外科学の堀江重郎教授が、5月28日に都内で開催された同学会のエデュケイショナルセミナー「アンチエイジング医学最先端!2013 第13回日本抗加齢医学会総会トピックス 生活習慣病とエイジング研究」で紹介した。座長は、高知大学農学部の受田浩之教授と静岡県立大学薬学部分子病態学講座の森本達也教授が務める。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)