免疫生物研究所は2013年5月27日、2013年3月期の決算説明会を開催した。販売委託したタカラバイオが、販売促進活動に苦戦したため、売上高は2桁の減収となった。一方で、営業利益は2期連続の黒字、当期純利益では過去最高益を記録した。注目される遺伝子組み換えカイコの事業では、繭で生産する抗体作製の受託が伸びた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)