American Society for Microbiology(ASM:米微生物学会)は2013年5月19日、コロラド州デンバーで開催されたASMの第113回総会で、米California大学Davis校の研究チームが、光合成を行うシアノバクテリア(cyanobacteria)を遺伝子操作で光がなくても培養することに成功したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)