森永乳業は東京医療保健大学の下田妙子教授と共同で、Bifidobacterium breve B-3(ビフィズス菌B-3)がBMIが高めの人の体脂肪量を減少させ、肝機能の悪化を改善する作用を示すことをヒト試験で見いだした。中島内科クリニック(神奈川県横須賀市)で診察を受けている体格指数(BMI)が高めの男女52人を対象にしたプラセボ対照介入試験の結果などを、名古屋市で開かれた第67回日本栄養・食糧学会大会で2013年5月26日に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)