スイスのCampus Biotechは2013年5月13日、スイスのジュネーブ市の中心部に位置する、ドイツMerck Serono社がかつて所有していたサイトが、Campus Biotech initiativeが支援するコンソーシアムに売却されたと発表した。コンソーシアムを構成するスイス連邦工科大学ローザンヌ校 (EPFL)、スイスUniversity of Geneva(UNIGE)、著名な資産家のHansjorg Wyss氏とWyss Foundationおよび Bertarelli家は、Campus Biotech initiativeが支援するビジョンの実現に向けて一歩を踏み出す。ジュネーブ湖地区のバイオテク産業に、新たな活動と新たな投資をもたらすことで、研究者と起業家のための大きな機会を生み出すことを目指す。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)