米Lpath社は2013年5月23日、腎細胞がん(RCC)患者を対象としたASONEPの単群のフェーズIIa臨床試験を開始したと発表した。同臨床試験では、標準療法であるVEGFシグナリング阻害薬「スーテント」(スチニブ)、およびmTOR パスウェイ阻害薬アフィニトール(エベロリムス) による治療が奏効しなかった患者を対象として行われる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)