食用に適さない植物のセルロース分を原料とする次世代バイオ燃料が本格的な実用化を迎えようとしている。世界初の商業プラントが2012年にイタリアで稼働したのに続き、2013年から2014年にかけて米国中心に新施設が順次完成する見通しだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)