理化学研究所脳科学総合研究センター(理研BSI)情動情報連携研究チームの岡ノ谷一夫チームリーダーと川上愛客員研究員(JST ERATO岡ノ谷情動情報プロジェクト研究員)、東京芸術大学大学院美術研究科の古川聖教授らは、悲しい音楽は悲しみだけでなくロマンチックな感情をも聴き手にもたらすことを実証した成果を、スイス発のオープンアクセスジャーナルであるFrontiers in Psychology誌で2013年5月23日(日本時刻5月24日)付で発表した。この論文は、Frontiers誌のメディアプロモーションの対象に選ばれた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)