ファーマフーズは、基幹技術である鶏卵抗体「オボプロン」(卵黄グロブリンIgY)の事業展開を、東南アジアとマレーシアで開始したことを2013年5月22日に発表した。同社は現在、鶏卵抗体の生産は日本国内のみで行っているが、2013年内に韓国における生産を開始し、次いでカナダ、マレーシアでも生産する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)