人工多能性幹細胞(iPS細胞)から心筋細胞などを分化誘導し心不全の治療に使用する技術が、実用化に向け動き始めた。京都大学iPS細胞研究所(CiRA)発のベンチャーとして、iHeart Japan(京都市左京区、角田健治社長=写真左)が2013年4月18日に設立された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)