アークレイは2013年5月22日、シンガポール科学技術研究庁(A*STAR)傘下の研究機関であるInstitute of Bioengineering and Nanotechnology(IBN)と共同研究に関する契約を締結した。IBNが持つ知恵をアークレイの事業のノウハウ・技術とを融合させ、研究から商品開発までを協力して行う。アークレイグループが海外で研究開発を行うのはこれが初めて。またIBNに研究員を派遣する日本企業はアークレイが初めてという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)