4月初旬の日銀金融政策決定会合で、黒田東彦総裁は「異次元の金融緩和が必要」と発言したとされる。その言を借りれば、バイオ株はこの1カ月、“異次元の爆騰”を見せた。日経BP・バイオINDEXは3月から4月にかけて400を挟んだ展開だったが、4月中旬から上昇を開始。4月22日に500を、25日に600を超えた。5月2日に696.19となり、翌営業日である7日には約90ポイントも上昇。8日にはついに800も突破し828.56を記録した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)