前厚生労働事務次官で京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の研究員に就任した阿曽沼慎司氏は2013年5月16日、本誌の取材に応じ、新たな仕事への抱負などを語った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)