第12回北里・ハーバードシンポジウムが2013年5月13日から14日にかけて、東京・千代田の日経ホールで開催され、大学病院・公的研究機関で新薬の開発や臨床試験を推進している医師が議論した。研究機関として、営利目的の受託臨床試験支援機関(CRO)との違いをいかに明確に打ち出すかが重要なテーマとなった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)