大塚ホールディングス(HD)は2013年5月14日、2013年3月期の決算説明会を開催した。医療関連事業が収益をけん引して連続での増収、2桁の増益を達成した。パイプラインについては、10のプロジェクトが承認され、10のプロジェクトを申請、7のプロジェクトがフェーズIIIに移行するなど順調であった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)