小野薬品工業は2013年5月14日、2013年3月期の決算説明会を開催した。同社の相良暁社長は「3年前に90%近くあった長期収載品の比率を50%台にすることを述べた。約束通り、当期は50%台。上半期は55%を少し超え、下半期は55%を下回った。2014年3月期は50%を切るようにしたい」と順調に成果が表れていることを強調した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)