米国の医療保険組織Kaiser Permanenteは2013年5月20日、近年カリフォルニアで百日ぜきが発生した際に、全菌体ワクチンは無細胞性ワクチンより高い予防効果を示していたとの研究結果を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)