米Monsanto社は2013年5月13日、米連邦最高裁判所がダイズ種子の知的所有権に関わる係争(Bowman vs. Monsantoケース)において、裁判官全員一致でMonsanto社の主張を認めたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)