科学技術振興機構(JST)は2013年5月16日、定例のJST理事長記者説明会を開催した。中村道治理事長が「科学の甲子園ジュニア全国大会」第1回開催の説明に続いて、2013年度における重点的取り組みとして代謝解析に基づく創薬・診断技術のイノベーションについて説明した。続いて、慶応義塾大学医学部医化学教室の末松誠教授と、島津製作所基盤技術研究所先進技術開発室の小河潔室長が講演した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)