米BioTime社の子会社であるイスラエルCell Cure Neurosciences社は2013年5月13日、同社が進めている加齢黄斑変性に適用する幹細胞治療「OpRegen」の開発に対し、イスラエルOffice of the Chief Scientist(OCS)より2013年の助成金として534万シェケル(約1億5000万円)の供与を受けたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)