でんぷん加工と機能性食品素材の総合メーカーである松谷化学工業(兵庫県伊丹市、松谷晴世社長)は2013年5月13日、香川大学農学部の松尾達博教授と松谷化学研究所の希少糖(レアシュガー)研究チームの共同研究により、希少糖の一種であり、ノンカロリーと推定されるD-プシコースが、成長期ラットへのペアフィーディングを行う飼育環境でも抗肥満効果が確認されたことを発表した。名古屋市で開かれる第67回日本栄養・食糧学会大会で5月26日、D-プシコースの抗肥満作用のメカニズム解明に関する研究結果の第1報として成果の詳細を発表する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)