産業技術総合所の産業技術総合研究所ヒューマンライフテクノロジー研究部門システム脳科学研究グループの小村豊主任研究員らは、訓練したサルを用いた実験で、視覚情報の主観的な確信度が脳深部にある視床枕という領域で計算されることを発見した。2013年5月12日付のNature Neuroscience誌オンライン版に発表した。科学技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業個人型研究(さきがけ)の「生命システムの動作原理と基盤技術」研究領域の研究課題「脳内を縦横に結ぶ意思決定リンク」によるもの。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)