武田薬品工業は2013年5月9日、2013年3月期の決算の説明会を開催した。通期の業績は増収、営業利益は大幅な減益となった。最終決算が予想よりも低調となったために複数の出席者から厳しい発言があった。米国で発売した腎性貧血治療薬「Omontys」にアナフィラキシーショックの副作用が発生して、自主回収する事態に陥るなど、武田薬品にとって大変な決算期となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)