米Eli Lilly社は5月10日、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)の再発予防として、選択的なセリン/スレオニンキナーゼ阻害剤であるenzastaurin単剤の効果を調べたフェーズIII試験PRELUDEで、主要評価項目を達成できなかったと発表した。enzastaurin群はプラセボ群に対して無病生存期間を有意に延長することはできなかった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)