米University of California, San Francisco(UCSF)の研究者らは、ラボ内で増殖させたある種の重要なヒトの脳細胞が、マウスの脳に移植したとき、シームレスに成長することを発見した。同大学が2013年5月7日に発表した。神経変性疾患の細胞移植治療の可能性を示す研究成果であり、またこのようなヒト細胞を移植したマウスは、ヒト神経変性疾患のモデルとして役立つ可能性がある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)