米Yale University医学部の研究チームは2013年5月12日、大規模な遺伝学研究により、両親には存在しないがその子孫に現れる新規の遺伝子変異を原因とする先天性疾患が、重症の先天性心疾患の少なくとも10%を占めることが明らかになったと発表した。研究の詳細はNature 誌5月12日号電子版で発表される。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)