━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【日経バイオテク/機能性食品メール  2013.5.10 Vol.92】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆このメールマガジンは原則として月に4回、日経バイオテクONLINEの機能性食品分
野の記事をお届けするメールマガジンです。
日経バイオテクONLINE機能性食品版→ https://bio.nikkeibp.co.jp/ffood/
日経バイオテクONLINE→ https://bio.nikkeibp.co.jp
◆日経バイオテク 機能性食品メールの新規登録はこちらから
http://passport.nikkeibp.co.jp/bizmail/food-sc/index.html
◆メール送信先の変更や中止は巻末をご覧ください。

----------------------------------------------------------------------------
■■■■ 【日経バイオテクONLINE 機能性食品版】 スタート! ■■■■

月々1,000円(税込)で機能性食品関連の有料記事が毎月100本読める<申込月無料>
最新記事の他、3,000本の関連記事を収録、機能性食品の強力なデータベースです
お申し込み完了後、すぐご利用できます http://nbt.nikkeibp.co.jp/bio/food/
--------------------------------------------------------------------------

◆日経バイオテク編集部より◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
オリンピックの開催地が決定する10日後に2021年国際学会の開催地決定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 連休前の金曜日(2013年4月26日)から2週間ぶりでお目にかかります。「日経バ
イオテク/機能性食品メール」をお届けしております日経バイオテクONLINEアカデ
ミック版編集長の河田孝雄です。

 今日は女子栄養大学の駒込キャンパスで、日本栄養・食糧学会が第67回大会の記
者会見を開催しました。今日夕方まずは1つ、記事をまとめました。1週間前の記事
とともに以下に示します。

栄養・食糧学会が第67回大会のトピックス発表、21演題にゴマ2、大豆2、
企業単独は花王コーヒー
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130510/167954/?ST=ffood

栄養・食糧学会の一般演題は企業関連が3割超、
発表数の多い企業トップ3は江崎グリコ、森永製菓、亀田製菓
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130502/167778/?ST=ffood

 今日の栄養・食糧学会の記者会見で特に印象に残ったのが、国際学会との関連
です。

 再来年2015年の5月には、パシフィコ横浜で、第69回日本栄養・食糧学会大会と
の合同開催で、第12回アジア栄養学会議(ACN2015)が開催されます。この国際会
議の母体は、アジア栄養学会連合(FANS)。日本は長寿の国としてアジア諸国か
ら注目されていて、栄養学と食べ物との大きな貢献が期待されています。

 この第12回アジア栄養学会議の実行委員長は、日本栄養・食糧学会の会長を務め
ている東北大学大学院教授の宮澤陽夫さんが務めます。

 これに続き、2021年に国際栄養学連合(IUNS)が開催する第22回国際栄養学会の
開催地で日本が最終候補になっています。昨年立候補して1次予選を通りました。
開催地の決定は今年9月半ば。2020年夏季オリンピック(第32回オリンピック競技
大会)の開催地が、東京か、あるいはマドリッドかイスタンブールかに決定する
9月7日の10日後とのことです。

 IUNSに日本は1965年から加盟していてIUNSを担当する日本学術会議のIUNS分科会
の委員長は、東京大学大学院特任教授の清水誠さんがお務めです。

農芸化学会の会長に東大の清水誠氏、
副会長に味の素の三輪清志氏と京大の植田和光氏
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130426/167652/?ST=ffood

 5月24日に名古屋大学豊田講堂で開催される総会では、栄養・食糧学会の新しい
ロゴマークが決まる予定です。

 敗戦後の日本の栄養不足に専門家が対処するため、日本医学会の第14分科会とし
て1947年に設立された日本栄養・食糧学会の今後の活動に注目です。

 今週のメールはここまでとさせていただきます。

 最後に、日経バイオテクONLINE機能性食品版の有料情報サービスについて説明さ
せていだきます。

 月1000円(クレジット決済)で、月間100本まで記事をご覧いただけるというサー
ビスです。報道記事数は月間100本未満のことが多いのですが、アーカイブに格納し
ている10年以上前からの2000本以上の報道記事も、キーワード検索などで、ご覧い
ただけます。

 まずは、日経バイオテクONLINE機能性食品版のサイトにアクセスしてください。
→ https://bio.nikkeibp.co.jp/ffood/

 詳しくは、次のリンク先をご覧ください。
日経バイオテクONLINE機能性食品版について
→ http://nbt.nikkeibp.co.jp/bio/food/
日経バイオテクONLINE機能性食品版のご利用ガイド
→ https://bio.nikkeibp.co.jp/ffood/help/use.html

 このサイトでは、各記事の第1パラグラフまではどなたにでもご覧になれますが、
第2パラグラフ以降も含む記事全文を読むには、有料会員になっていただく必要があ
ります。日経バイオテクONLINE機能性食品版では、会費月額1000円(クレジットカ
ード決済のみ)の会員になると月100ポイント分まで記事全文を読めます。記事は、
ポイント1の記事と、ポイント0の記事がありますので、月間のご覧いただける本数
は100本以上です。アーカイブの記事もご覧いただけます。

※支払に関する詳しいご案内はこちらをご参照ください。
→ http://nbt.nikkeibp.co.jp/bio/food/info.html

 なお、この日経バイオテクONLINE機能性食品版では、機能性食品と関連しない記
事については記事全文をご覧になれません。日経バイオテクONLINEの記事全てをお
読みいただくには、日経バイオテクONLINEの会員への申し込みが必要になります。

           日経BP社 医療局 先進技術情報部
           日経バイオテクONLINEアカデミック版編集長 河田孝雄

※※みなさまからのご意見、ご批判をお待ちしております。
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_pass4/index.html

※※日経バイオテク 機能性食品メールの新規登録はこちらから
http://passport.nikkeibp.co.jp/bizmail/food-sc/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※2013年4月26日から5月10日の機能性食品記事リスト(掲載の新しい順)
 リンク先は、日経バイオテクONLINE機能性食品版です。

栄養・食糧学会が第67回大会のトピックス発表、21演題にゴマ2、大豆2、
企業単独は花王コーヒー
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130510/167954/?ST=ffood

Dupont社Nutrition&Healthが来週のifiaに初出展、
DaniscoとSolae、Qualiconの3事業を統合
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130510/167952/?ST=ffood

国立国際医療研セが核内移行ペプチドNTPの技術を発表、iPSを3日間で樹立
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130510/167950/?ST=ffood

ヤクルトがシロタ株でイソフラボンの3割をアグリコンにした機能性飲料、
新製法の低脂肪豆乳を使用
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130510/167949/?ST=ffood

理研IMSと北大、横浜市立大など、難病に共通する原因遺伝子を発見、
グリコサミノグリカン結合領域病を提起
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130510/167869/?ST=ffood

アークレイ、iPhone版アプリ無線通信機能を搭載した
血糖自己測定器の新製品を発売、糖尿病学会で展示
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130507/167814/?ST=ffood

国際アグリバイオ事業団(ISAAA)アグリバイオ最新情報【2013年4月30日】
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130507/167812/?ST=ffood

理研CLSTと岡山大、GREI-IIでたんぱく質とミネラルを同時イメージング、
JAAS誌で発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130502/167786/?ST=ffood

栄養・食糧学会の一般演題は企業関連が3割超、
発表数の多い企業トップ3は江崎グリコ、森永製菓、亀田製菓
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130502/167778/?ST=ffood

【機能性食品 Vol.91】ヤクルトとDanone社、農芸化学会と食品免疫学会
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130501/167716/?ST=ffood

森永製菓と新潟工科大学、パッションフルーツ種子エキスの成果を
栄養・食糧学会で5演題連続発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130430/167715/?ST=ffood

理研CDBと徳島大、OBI、日大の睡眠判定FASTER法の論文、
出版社の意向で論文は当初からオープンアクセスに
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130430/167710/?ST=ffood

栄養・食糧学会賞に河田照雄教授と佐藤隆一郎教授、鳥居邦夫代表取締役、
5月24日に受賞講演
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130430/167709/?ST=ffood

※以下は記者発表です

ハウス食品、役員の異動に関するお知らせ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20130509/167862/?ST=ffood

ハウス食品、持株会社体制移行に伴う会社分割
ならびに定款変更(商号・事業目的の変更等)に関するお知らせ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20130509/167861/?ST=ffood

亀田製菓、監査役の異動に関するお知らせ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20130509/167858/?ST=ffood

亀田製菓、内部統制システム構築の基本方針の一部改定に関するお知らせ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20130509/167857/?ST=ffood

森永製菓、インドネシア合併会社(子会社)設立に関するお知らせ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20130509/167856/?ST=ffood

協和発酵キリン、組織変更、役員及び部長人事異動のお知らせ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20130509/167851/?ST=ffood

ファンケル、特別損失の計上及び業績予想の修正に関するお知らせ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20130501/167722/?ST=ffood

伊藤園、役員人事及び組織変更のお知らせ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20130430/167703/?ST=ffood

ヤクルト本社、ダノンとの戦略提携契約の終了と協業関係に関する
覚書の締結に関するお知らせ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20130430/167699/?ST=ffood

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経バイオテク/機能性食品メールの次回発行予定日は、2013年5月17日(金)です。