米Baxter International社は2013年5月7日、免疫グロブリン(IG)の軽度から中程度のアルツハイマー病患者を対象とするフェーズIII試験で、認知機能の低下の遅延と機能的運動能力の維持で評価する共同主要評価項目が達成されなかったと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)