米Transgenomic社は2013年5月7日、RAS遺伝子変異を持つ転移性大腸がん(mCRC)患者を選別するためのCE-IVD テストを開発するため、米Amgen社と提携すると発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)