独立行政法人国立がん研究センターは5月8日、早期・探索臨床研究センター(NCC-EPOC)で、トリプルネガティブ乳がん(TNBC)を対象にエリブリンとPARP阻害剤のolaparib(AZD2281)を併用投与する医師主導多施設共同のフェーズI/II試験を開始したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)