米農務省(USDA)傘下のAgricultural Research Service(ARS)は2013年5月2日、米イリノイ州PeoriaにあるARSのNational Center for Agricultural Utilization Researchの研究チームがセルロースエタノールの生産コストを効率化する酵母の新株を開発したと発表した。ARSはUSDA内にある主要な科学研究機関である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)