米Virent社は2013年5月1日、米空軍研究所(AFRL:Air Force research laboratory)にテストの目的で100ガロンのバイオジェット燃料を納入したと発表した(関連記事)。バイオジェット燃料のテストはWright Patterson空軍基地で行われる予定で、新しい飛行タービン用燃料の認定および承認に必要な米材料試験協会(ASTM:American Society for Testing and Materials)によって定められた標準規格に照らし合わせて、Virent社のジェット燃料の有効性が検証される。検証計画には目的適合性、燃料系統テスト、燃焼装備試験などが含まれている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)