米Washington大学(St. Louis)などの研究者たちが、約400人の子宮体がん患者から得た腫瘍組織のDNA、RNA、たんぱく質に存在する変異を分析し、既存の病理学的分類とは異なる、変異に基づく分類を提案した。新たな分類は、より有効な術後補助療法の選択を容易にすると期待される。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)