Wisconsin大学Madison校は2013年4月23日、化学科のShannon Stahl教授率いる研究チームが、バイオ燃料生産の副産物として出てくるリグニンを酸素ガスを使って化学品の原料として活用できる物質に変換する方法を確立したと発表した。リグニンが化学品原料として化石燃料に取って代わる可能性が出てきた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)